シミの予防と改善

血液が酸性に傾くのを防ぎ、メラニンを減らす

シミ”は、それを取り去るにも、また予防するにも、基本は一つ「皮膚表面の古い角質片を取って新生細胞をどんどんつくり、それによって角質代謝のエスカレーターの速度を適正に戻す」ことにあります。

こうして古い角質片を毎日取り去っていれば、新細胞をつくる命令を出すDNAが、怪我をしたあとのような急激なかたちではなく、正常なケラチニゼーショソの周期にしたがってコソスタントに新細胞をつくるべく、うまく働いてくれて、シミも治り、見た目にも美しい肌に戻ることができます。

と同時に、日常的に、以下のようなことに配慮するようにすれば、シミに関する悩みはかなり解消するはずです。

その第一は、メラニンが着色しないよう、ゐ血液が酸性になるのを避けることです。それには、何度もふれていますように、

  1. 肉体的・精神的疲労を最小限にとどめる
  2. 血液を酸性にする食べものをなるべく減らす
  3. 早くシミを取ろうとして肌に過分な刺敦を与えない

以上の三点が肝要です。

とくに、3.の注意はたいせつです。シミを治そうとして、角質層をタオルやブラシでゴシゴシとこする人がいますが、これではかえって肌によけいな刺激を与えることになり、肌は疲労して、血液が酸性に傾き、メラニンはますます着色を急いでしまうものです。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ケラチニゼーショソは あせらずゆっくりと正常に戻していくようにしたいものです。

第二は、「メラニンの絶対量を減らすようにすること」。そうすれば、シミも、必然的に出にくくなります。それには、二つの方法があります。まず、

  1. 皮膚の熱を下げること
    チロジソとチロジナーゼがメラニンをつくるに際しては、鉄イオン・銅イオン・熱、の三つが必要です。逆にいえば、そのうちの一つでも欠ければ、メラニンはつくられないということになります。そこで、私たちの努力しだいでもっとも簡単に消滅させることができるものといえば”熱”となりますから、要は、シミのできている肌の温度を下げてやればよいわけです。下げる方法は簡単です。たとえば”顔”なら、毎晩、二~三時間かけてゆっくりと蒸発させてくれる乾きにくい化粧水を使います。蒸発の際の吸熱作用(気化熱)で、肌は長時間、冷えた状態でいられます。また、冬でも部屋の温度を高くしすぎない、ストーブの近くに寄りすぎない、台所でも火の熱をまともに受けすぎない・・・などの配慮も効果があるものです。
  2. 油性化粧品や油性クリーム輝の常用を避けること
    油性化粧品を常用(多用)しているとケラチニゼーショソの速度が遅れますから、その分メラニンがたまりやすくなり、したがってシミも長く居坐りつづけるということになります。また、皮膚の温度を上げることはあっても、冷やすことにはなりません。その他、美容療法とかと称して蜂蜜を塗ったり、海水浴のあとでも顔を拭かずに、粘度の高い塩水をつけたままだったりした場合にも同様ですから、注意してください。これらには、皮膚の、紫外線の吸収率を高めてしまう作用があるのです。

シミが消えたあとも最低一年間は紫外線から遠ざかる

さて、こうして”シミ”が治ったら、その後はどんなことに注意すればよいのでしょうか?

少なくとも、放ったらかしではいけません。やはり、順調なケラチニゼーショソのもとに古い角質片を取り除く手入れをつづけ、最低でも一年間は、日光にあたる率を少なくするよう努力することです。それが二~三年つづくなら、なおよいでしょう。もちろん、海水浴やハイキソグ、キャンプなどはタブー。我慢が肝心、です。

ところで、シミが治ったあとに、再びシミができたり、前よりも濃くなるというケースも現実には少なくありません。

これは、メラノサイト細胞のなかに少しメラニンが残っていると、以後、メラニンの生産は以前より活発になる性質があるため、あるいは、かつてシミのあった人は、皮膚に、メラニンをつくり、着色するという機能が記憶されている可能性が強いために起こるものです。

ですから、一度シミのできた人には、それだけの注意が肝要となります。

「歳だからシミが出る」は本当か?

パロチンの減少が角質代謝の速度を遅らせる

二十歳前という若い年代でシミに悩まされる女性は、まず、ほとんどいないといってよいでしょう。なぜかといえば、第一に”若い”、つまり、それだけ疲労状態になりにくいから、第二には、肌の角質代謝が活発・順調に行なわれているからです。

その若いピチビチした肌が、徐々にシミにおかされはじめるのは、普通、二十二、三歳からで、以降、年をとるにしたがって、シミはしだいに強敵になってきます。

そうなる最大の原因は、”パロチンの減少” による角質代謝のペース・ダウンにあります。

シミの色素であるメラエソを保持している基底細胞は、絶えず分裂して、皮膚表面に新生細胞を送り出しています(=角質代謝)。このメカニズムをエスカレーターにたとえるなら、角質代謝が正常な状態は、エスカレーターが、適正な速度で動いている状態といってよく、細胞の核の上にのっているメラニンが角質片のなかに入ったまま、スムーズに運ばれて、皮膚表面からはがれ落ちていきますから、シミにはなりません。

逆に、エスカレーターの速度が正常以下であると、メラニンという乗降客が表皮の底部(基底細胞)や表皮の細胞内に取り残されてとどまることになるため、それが血液の酸性化で着色されることになって、どんどんたまって、シミになるというわけです。

さて、そこで、問題となるのが、年をとるとなぜ角質代謝のエスカレーターの速度が鈍り、また、何がその原因となるのか、です。

基底細胞が分裂するときには、パロチンという唾液腺ホルモンが必要です。このパロチンが、ほかでもない、細胞をつくるスピードを支配しているホルモンで、これが大量に活発に分泌されていれば、新しい細胞はどんどんつくられます。十代から二十代にかけてが、その時期にあたります。

ところがパロチンの分泌量は、二十歳をすぎるとそれまでの80%、三十代には70%、四十代以降は60%、さらに六十代では40%・・・と、しだいに減ってしまうのです。

パロチンの分泌量が減れば、当然、新しい細胞をつくる能力も落ちてきて怪我も治りにくくなります。新しい細胞が活発につくられなければ、角質代謝のエスカレーターの速度も落ちます。

こうして、年をとるにしたがって、シミはしだいにできやすくなっていくのです。パロチンの減少が、角質代謝の速度をペース・ダウンさせてしまうからです。

パロチンは必要に応じて局所的に集まる

では、年をとったら、シミが出ても、あきらめるしかないのでしょうか?

けっして、そうとはいいきれません。なぜならば、パロチンには、実はもう一つの重要な性質が隠されているからです。それは、”必要に応じて局所的に集まり、働く”という性質です。

たとえば、身体のどこかに怪我をしたときですが、その部分にはパロチンがどっと集まってきて、活発に新しい細胞をつくり、怪我の修復に大活躍をするとされています(トカゲの場合は尻尾を、イモリは両手両足を再生します。イモリは眼のレソズさえも虹彩で再生します)。

その性質を利用するのです。皮膚表面の古い角質片を取り除くということは、原理的にいえば、皮膚表面が軽い怪我をした状態になるということですから、足りなくなった細胞を補充するために、パロチソはやはり大量に集まってきます。

そこで、シミのできた皮膚表面の角質片を、角質代謝の原則にしたがって七日間以内で取り除くようにする。これでよいのです。そうすれば、パロチンはその部分に大量に集まってきて、角質代謝のエレベーターも順調に動き出し、余分にたまっていた先客のメラニンを、新しくできた若い細胞がどんどん送り上げてくれるというわけです。これで、もう、シミは恐くありません。それには、パロチンの分泌量が多ければ多いほどよいわけです。

シミは、どんなときに濃くなるのか?

メラニンを着色するのは紫外線だけではない

シミは、どんなときに濃くなるのでしょうか?

まず考えられるのが、個人的また日本の地理的条件からくる日照時間の長さや、油性化粧品の多用による”紫外線吸収量の増加”ならびに病気等による疲労です。

これによって、メラニンの生産量がふえるばかりか、血液が酸性化されてメラニンの着色率も高くなるという、ダブルパソチを浴びていることになるわけです。

しかし、血液を酸性にしてしまうのは、紫外線ばかりではありません。

疲労

人間の身体は、朝、起きたばかりのときは、たいてい疲れがとれていますから、血液はアルカリ性の状態で、シミのある人でもさして目立たないものです。それが午後になると徐々に目立ってくるのは、身体が徐々に疲労して、血液が酸性に傾くからです。夜の眠りはこの疲労回復のためです。

ちなみに、秋ぐちにシミが目立ちはじめるのは、夏の疲れがこの季節になって出てくるからです。

病気

病気になると、どうしても身体が慢性的に疲労状態になりますから、血液は酸性に傾きます。たとえば風邪ですが、これによって身体が疲労したのを合図に、ヒスタミンとアセチルコリソが発汗のスタートを切って熟を下げる一方、ベルオキシターゼという酸化酵素も登場してきて、メラニンを着色させ、体力低下による体温低下を防ぐという矛盾的な働きが始まります。

このベルオキシターゼは、メラニン色素によって保温(体温維持)の役割をさせる救いの神であるわけですが、シミに悩む人にとっては、シミを濃くする、いやな酵素でもあるということになります。

ちなみに「肝臓が悪いとシミができる」 のは、別に肝臓がメラニンを生産しているわけではなく、肝臓が悪いことによって、身体が疲労状態になる結果、血液が酸性化してメラニンを着色するためで、その着色の目的は、いうまでもなく原始的な体力・体温の保持(維持)にあります(家の構造や衣類の発達した現代ではシミや老人斑は無用です)。

不安定な精神状態

この場合も、血液は酸性になりますから、イライラやヒステリーは、女性の肌にとって大敵です。

生理の前後

生理の前後にシミの目立つ女性がいます。これは、生理が近づくことによって女性ホルモン(卵胞ホルモン)が平素より多く分泌されて、血液中のリソ酸をふやし、カルシウムイオンを減らすために、血液が酸性化するからです。

この場合のシミほ、生理が終って血液中のバランスが元に戻れば解消するので、一般にいわれる”シミ”とは別物で、一過性のシミと考えてさしつかえありません。