「歳だからシミが出る」は本当か?

パロチンの減少が角質代謝の速度を遅らせる

二十歳前という若い年代でシミに悩まされる女性は、まず、ほとんどいないといってよいでしょう。なぜかといえば、第一に”若い”、つまり、それだけ疲労状態になりにくいから、第二には、肌の角質代謝が活発・順調に行なわれているからです。

その若いピチビチした肌が、徐々にシミにおかされはじめるのは、普通、二十二、三歳からで、以降、年をとるにしたがって、シミはしだいに強敵になってきます。

そうなる最大の原因は、”パロチンの減少” による角質代謝のペース・ダウンにあります。

シミの色素であるメラエソを保持している基底細胞は、絶えず分裂して、皮膚表面に新生細胞を送り出しています(=角質代謝)。このメカニズムをエスカレーターにたとえるなら、角質代謝が正常な状態は、エスカレーターが、適正な速度で動いている状態といってよく、細胞の核の上にのっているメラニンが角質片のなかに入ったまま、スムーズに運ばれて、皮膚表面からはがれ落ちていきますから、シミにはなりません。

逆に、エスカレーターの速度が正常以下であると、メラニンという乗降客が表皮の底部(基底細胞)や表皮の細胞内に取り残されてとどまることになるため、それが血液の酸性化で着色されることになって、どんどんたまって、シミになるというわけです。

さて、そこで、問題となるのが、年をとるとなぜ角質代謝のエスカレーターの速度が鈍り、また、何がその原因となるのか、です。

基底細胞が分裂するときには、パロチンという唾液腺ホルモンが必要です。このパロチンが、ほかでもない、細胞をつくるスピードを支配しているホルモンで、これが大量に活発に分泌されていれば、新しい細胞はどんどんつくられます。十代から二十代にかけてが、その時期にあたります。

ところがパロチンの分泌量は、二十歳をすぎるとそれまでの80%、三十代には70%、四十代以降は60%、さらに六十代では40%・・・と、しだいに減ってしまうのです。

パロチンの分泌量が減れば、当然、新しい細胞をつくる能力も落ちてきて怪我も治りにくくなります。新しい細胞が活発につくられなければ、角質代謝のエスカレーターの速度も落ちます。

こうして、年をとるにしたがって、シミはしだいにできやすくなっていくのです。パロチンの減少が、角質代謝の速度をペース・ダウンさせてしまうからです。

パロチンは必要に応じて局所的に集まる

では、年をとったら、シミが出ても、あきらめるしかないのでしょうか?

けっして、そうとはいいきれません。なぜならば、パロチンには、実はもう一つの重要な性質が隠されているからです。それは、”必要に応じて局所的に集まり、働く”という性質です。

たとえば、身体のどこかに怪我をしたときですが、その部分にはパロチンがどっと集まってきて、活発に新しい細胞をつくり、怪我の修復に大活躍をするとされています(トカゲの場合は尻尾を、イモリは両手両足を再生します。イモリは眼のレソズさえも虹彩で再生します)。

その性質を利用するのです。皮膚表面の古い角質片を取り除くということは、原理的にいえば、皮膚表面が軽い怪我をした状態になるということですから、足りなくなった細胞を補充するために、パロチソはやはり大量に集まってきます。

そこで、シミのできた皮膚表面の角質片を、角質代謝の原則にしたがって七日間以内で取り除くようにする。これでよいのです。そうすれば、パロチンはその部分に大量に集まってきて、角質代謝のエレベーターも順調に動き出し、余分にたまっていた先客のメラニンを、新しくできた若い細胞がどんどん送り上げてくれるというわけです。これで、もう、シミは恐くありません。それには、パロチンの分泌量が多ければ多いほどよいわけです。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

シミは、どんなときに濃くなるのか?

メラニンを着色するのは紫外線だけではない シミは、どんなときに濃くなるのでしょうか? まず考

記事を読む

no image

シミの予防と改善

血液が酸性に傾くのを防ぎ、メラニンを減らす ”シミ”は、それを取り去るにも、また予防するにも、基本

記事を読む

no image
シミの予防と改善

血液が酸性に傾くのを防ぎ、メラニンを減らす ”シミ”は、それを取り去

no image
「歳だからシミが出る」は本当か?

パロチンの減少が角質代謝の速度を遅らせる 二十歳前という若い年代でシ

no image
シミは、どんなときに濃くなるのか?

メラニンを着色するのは紫外線だけではない シミは、どんなときに濃くな

→もっと見る

PAGE TOP ↑