ニキビのことをまとめて簡潔に説明

にきびは、思春期にできるもの、大人になってからはできないはず、と一般には考えられていますが、25歳をすぎても、にきびのできる人はいます。

そもそもにきびとは、皮脂の分泌が盛んな状態に毛穴をふさがれ、そこに、皮膚にある雑菌が作用しておこるものです。炎症をおこして化膿するものもあれば、そこまでいかないものもあります。

にきびの発症の第一段階は、面泡です。毛穴のなかに黄白色の皮脂のかたまりができます。これには、私たちがよく耳にする黒にきび、白にきびがあります。

黒にきびは、面泡の頭が黒くなったもの、押しだすと黄色の脂肪のかたまりがでてきます。また、白にきびは、黒にきびのようには、先が黒ずんでいないものです。

そして、この面泡が次は丘疹へと発展します。面泡を中心に、まわりの皮膚が赤くなってかたまってきます。さらに悪化すると、膿疱といって、化膿してきます。そして、そのあと、噴火口のように穴があき、いわゆるざ瘡瘢痕ができます。

できる場所に関してよくいわれる説は、若いときはおでこにできて、年をとるにつれあごのほうへと下がってくるといわれるもので、下のものほど治りにくいのですが、年をとった人のなかにも、おでこにできる人はけっこういます。

また、あごにできたら胃が悪い、額ならホルモンのバランスが悪い、といわれますが、これも医学的には根拠のないもので、あてにはなりません。

思春期のにきびと大人になってからのにきびは、その発症のメカニズムは同じでも、原因の点ではだいぶ異なります。

大人のにきびは、思春期にできるにきびのように、単に、皮脂の分泌が盛んなためにおきるわけではありません。それプラス、ほかのいろいろ′な要素が加わります。

例えば、化粧品の使い方の間違い、ホルモンの作用、不規則な生活や、また、食べ物などが大いに関係してくるのです。

例えば、化粧品の使い間違いの場合。冬、肌がかさつくのは、油分が足りないと思い込み、一生懸命クリームを塗って補おうとする人がいます。それは油分が足りないだけではないのです。

水分も足りないのです。なのに水分を補給しないで油分だけ補給するため、それがにきびとなります。

また、ホルモンについては、にきびは男性ホルモンと関係が深いといわれています。黄体期といって、排卵があってから次の生理のあるまでの約2週間の間に、にきびが悪化する傾向があります。この黄体期に体馳二分泌されるホルモンが黄体ホルモンです。それで、このホルモンもにきびに何らかの関係があるとみなされています。

また、かなり多くの人が、間違ったスキンケアや、不規則な生活が原因でにきびを引きおこしています。

これらが原因で、にきびになる人が多いのは確かですが、食べ物もにきびを作ることが多いといわれます。もちやせんべいなどの餅米類、ナッツ類などをしょっちゅう口にしていると、にきびができがちです。でも、悪者にされるチョコレートや甘い物は、食べ過ぎなければOK。

大人になってからのにきびは、思春期のにきびに比べると、治りにくいのが特徴です。思春期のころに比べ、お化粧をしますから脂腺がつまりやすい。その分どうしても、治りが遅くなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする