アンチエイジングのための美肌スキンケア

美肌スキンケア

アンチエイジングは美容だけでなく体の健康全体のことを意味しますが、多くの場合、美容のこととして捉えられる傾向があります。

これは若々しい見かけを保ちたいと思う人が多いためでしょう。中でも年齢とともに肌が衰えていくのを遅らせるための対策としてのアンチエイジングの興味が大きいと思いますので、今回は美肌スキンケアに関するアンチエイジングの中心に話をさせて頂きます。

守りと攻めのお手入れをする

肌の老化を遅らせるためには「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」をおこないましょう。

「守りのスキンケア」には2種類あります。紫外線から肌を守るお手入れと、肌に栄養を与えるお手入れです。まず紫外線対策は、1年を通してとり入れていかなくてはいけません。

肌へ栄養を与えるためには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどを、お手入れにとり入れるようにします。これは、どれかひとつでもかまいませんが、必ずとり入れたいのが、ビタミンC誘導体です。

コラーゲン合成促進、美白など、さまざまな効果があるためです。ビタミンC誘導体が配合された化粧水などを長く使っていくとよいでしょう。

さらに、抗酸化成分もプラスするとよりよいです。「老化=酸化」であることが解明されてから、植物エキスなどの抗酸化成分が化粧品に配合されるようになりました。試してみる価値がありそうです。

「攻めのスキンケア」は、積極的に代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたりするお手入れで、ピーリング剤やレチノールがこれに相当します。

ピーリング剤で角質をとると、皮膚はそこを早く修復しようとして、下から速い速度で上がってきます。つまり、細胞分裂が活発になるのです。これが、ピーリングによる肌の若返りの仕組みです。

続けていくと、表皮はふっくらとしてきて、真皮のコラーゲンも増えます。美白効果もあります。

「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」を両方とり入れることで、積極的なアンチエイジングが可能になります。

年齢に合わせたアンチエイジングを

シミやシワが気になりだすのは、一般的には20代後半か30代くらいからですが、それら(シミやシワ)は、生まれたときから始まる「老化」が積み重なってできるものです。

それだけに、いつから老化対策をすればよいのかというと、難しい問題になります。

そこで、おおまかではありますが、「守りのスキンケア」である紫外線対策は10代から始め、20代になったらビタミンC誘導体配合の化粧水を使うように心がけ、30代からは「攻めのスキンケア」であるレチノールやピーリング剤などを配合した化粧品を使う、という方法をおすすめします。

美肌アンチエイジングに有効な成分

アンチエイジングに有効な成分の種類肌を老化から「守る」成分と、積極的に「攻めて」ターンオーバーを高めたり、コラーゲンを増やす成分があります。

それぞれどれかひとつをとり入れることで、より進んだアンチエイジングのお手入れが可能になります。

守りのアンチエイジングスキンケアとして有効な成分

ビタミンC誘導体

皮膚への吸収を高めたビタミンC。コラーゲン合成には不可欠。美白作用もある。皮脂分泌をコントロールするため、毛穴対策としてもよく使われる。

リン酸型ビタミンCのはかに、リン酸パルミチン酸型ビタミンCがあり、APPSと呼ばれている。これは、水性と油性の両方の性質をもち、リン酸型よりも浸透がよいため話題になっている。

ナイアシン(ビタミンB3)

コラーゲンの合成を高めるため、肌にパリを出す。二キビにも有効。刺激が少ないので、肌が弱いけれどアンチエイジングのものを試してみたいという人にも向いている。

ポリフェノール、甘草エキス、オウゴンエキスなど(抗酸化成分)

植物エキスが多く用いられる。

攻めのアンチエイジングスキンケアとして有効な成分

レチノール

ビタミンAの一種で、体内にもあるもの。真皮のコラーゲンを増やす作用があるため、シワ対策によく使われる。ただし、やや刺激が強いので、顔じゅうに使うと粉をふくことがある。目もとに限定するのが賢い使い方。

AHA

代表的なピーリング剤。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などがこれに当たる。石けん、パック、ふきとり化粧水、美容液など、いろいろなものに配合されているが、もっとも手軽なのは石けんタイプ。ふきとりタイプはやや刺激が強い。週に1~2度の使用から開始し、慣れてきたら回数を増やすとよい。

BHA

サリチル酸のこと。刺激が少なく、こキビ、二キビ痕、シミ、小ジワに非常に有効怪が高いが、日本では化粧品には0・2%までしか配合できないので、自宅でBHAピーリングをおこなうことは難しい。皮膚科などで受けることは可能。

» [アンチエイジング]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする