【アリシン】にんにくの中心成分であるアリシンの効果や効能をご紹介

アリシン

アリシンとは?

アリシンはにんにくに含まれるアリインという物質が、アリナーゼという酵素によって加水分解され、生成されるイオウ化合物です。あのにんにく特有の刺激臭の素がアリシンです。

アリシンは強い抗菌・抗カビ作用をもつ

アリシンは強い抗菌・抗カビ作用を持っておりサルモネラ菌や病原性のカビ、酵母の生育を抑制するだけではなく、致死効果をもっています。

ただ、アリシンは熟に不安定ですぐに分解されるのですが、分解されて生成されるジアリルジスルフィドやジアリルトリスルフィドなどのイオウ化合物にも強い抗菌作用、抗カビ作用があることが明らかで、赤痢菌や寄生虫駆除、チフス菌、コレラ菌にも有効であることが確認されています。

アリシンは疲労回復にも効果的

慢性的な疲労感を防ぐには、ビタミンB1が必要ですが、ビタミンB1は余分に摂ると排泄されてしまいます。

ところがビタミンB1はアリシンと結合するとアリチアミンという物質に変化して長く血液中にとどまり、疲労に対する作用効率を高めことができます。疲労回復ににんにくがすすめられるのは、にんにくにはビタミンB1もあり、最初からアリチアミンが存在するからです。

生活習慣病予防・改善、抗がんへの期待

にんにくの効能については知られていましたが、近年、抗血栓作用をもつ成分がアホエンというイオウ化合物であることが確認されています。

また、動物実験ではアリインやジアリルスルフィドが血中脂肪の燃焼を盛んにし、コレステロール値の上昇を抑制することが明らかになっています。糖尿病にもイオウ化合物は重要で、特にアリチアミンが膵臓細胞の活性化やインスリンの分泌にはたらくとされます。

さらに、にんにく由来のイオウ化合物には抗酸化作用があり、発がんを抑制すること、また最近問題になっているヘリコバクター・ピロリ菌にも有効であることが報告されています。

ニンニクとアリシン

ニンニクの薬効は古来より知られ、強壮剤、健胃剤、高血圧や動脈硬化の薬として民間療法で広く利用されていましたが、その効用が科学的に解明されはじめたのは20世紀に入ってからです。

成分としてまず注目されるスコルジン、アリシンは、疲労物質の蓄積を防ぐビタミンB1の体内での吸収を促進する作用が認められています。ニンニクにはビタミンB1そのものも豊富に含まれており、スコルジン、アリシンとのトリプル効果で疲労を一掃してくれるというわけです。

スコルジンには、体内のエネルギーの燃焼を促進して新陳代謝を盛んにする作用、末梢血管を拡張して血液循環をよくする作用、血液中の善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

アリインと酵素アリイサーゼの結合により生成されるイオウ化合物のアリシンも、強力な殺菌作用、抗酸化作用、解毒作用、胃の運動を活発にして胃液の分泌を促進する作用などがあることが明らかになっています。

さらに、ニンニクには、有機ゲルマニウムが100g中に7584mgも含まれています。ゲルマニウムは、生命維持に欠かせない酵素を運ぶ働きをするはか、体内の有害重金属を除去し、悪性腫瘍を予防する作用もあるとされます。近年、ニンニクががんの予防効果でも大きな注目を浴びているのは、そのためです。

アリシンの効果・効能まとめ

アリシンはニンニク特有の刺激臭のもとになっている成分で、におい成分は硫化アリルとも呼ばれています。

アリシンは、アリインという物質にアリナーゼという酵素がはたらくと生成されるイオウ化合物のひとつ。ニンニクをすりおろしたときに刺激臭が強くなるのは、このアリインが生成されるからなのです。ねぎやニラにも、よく似た酵素の入った成分が含まれています。

アリシンは二ン二クだけでなく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなどに含まれています。単品の料理にはあまり向かないので、薬味や料理のアクセントとしてじょうずに取り入れましょう。ニンニクを効かせ、ニラ、ねぎを入れたギョウザなら、アリシンをたっぷりとることができます。

アリシンは抗菌・抗力ビ作用だけでなく、菌やカビを殺す力も持っています。さらに、疲労回復に必要などタミンB1の吸収を助け、代謝機能も高めるため、風邪の予防や改善に効果的。

特にニンニクは、ビタミンB1とアリシンを含んでいるため、疲労回復には最適。また、血中脂肪の燃焼を促しコレステロールを低下させ、血栓を予防。

インスリンの分泌に作用したりと、生活習慣病の予防にも役立ちます。ただし、食べ過ぎると腹痛や貧血になることもあるので注意が必要。

アリシンに期待できる効果・効能一覧

  • 殺菌作用により、かぜの予防と改善
  • 疲労回復
  • 血栓の予防・改善
  • 血中脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる
  • 膵臓を強め、インスリンの分泌をよくする。

ビタミンB1の吸収率を高めるアリシン

ニンニクは健康効果の高い食材と言われていますが、それらの機能は、この独特の強烈なにおいの成分〝アリシン〟にあります。

アリシンは、硫化アリルの一種で、ほとんどの細菌に対抗する強力な殺菌作用をもちます。その力は、第二次世界大戦中に流行した赤痢の特効薬として用いられたほどです。

また、アリシンは、糖質からのエネルギー産生に欠かせないビタミンB1の吸収率を高めるといわれています。

これは、アリシンとビタミンB1が結合し、脂溶性の〝アリチアミン〟となるため。アリチアミンは、水溶性のビタミンB1単体と異なり、体内に蓄えられやすく、長時間働きが持続するのが特長です。

しかも、ビタミンB1は、もともとニンニクに豊富な栄養素なので、よりスムーズにエネルギー産生に働きかけ、スタミナアップにつながると考えられています。

アリシンで集中力アップ

アリシンには血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあるので、血栓や動脈硬化の予防になり、最近では有害ミネラルを排泄する働きが注目されています。

その効果は、生で使ったときに発揮され、しかも切ってから1時間ほどおいたほうがより効力が高まります。ただし、硫化アリルは水にさらすと流れ出てしまうので、辛みは酢をじょうずに使ってやわらげるといいでしょう。

硫化アリルの一種であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を高める働きや消化液の分泌をよくして食欲を増進したり、制菌作用もあります。脳を活性化させたいときにビタミンB1といっしょにアリシンを摂取すると、集中力がアップします。

ビタミン軌は、豚肉、玄米、レバー、オートミール、納豆、きなこ、うなぎなどに、アリシンは、ねぎ、にんにく、にらなどとくに香りが強い野菜に豊富です。

ねぎ納豆、レバにら炒め、豚肉とにんにくの炒めものなどは、ビタミンB1とアリシンのダブルパワーが期待できる料理です。

アリシンを効率よくとるためには、酵素がたくさん出るように、できるだけ細かく切ること。また、アリシンは揮発性の成分なので、手早く豚肉などのビタミンB1を含む食品とあわせることがだいじです。

アリシンの効果的な取り方

にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にらなどにアリシンは多く含まれているので、食事に加えると良いです。これらにはビタミンB1もあるのでアリチアミンが期待できます。

生にんにくは食べすぎると腹痛や貧血をおこすことがあるので、おろしにんにくなどは1日1片程度。妙めたり、焼く場合は1日2~3片にする。子どもは成人の半量以下にしてください。

アリシンを含む食品・食材

アリシンを含む食材の代表はなんと言っても”にんにく”です。

その他にも、以下のような食材に含まれています。

  • ねぎ
  • 玉ねぎ
  • にら
  • リーキ

» [アリシン]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする