無月経

無月経

妊娠以外で生理がこないことを無月経といいます。

無月経には、18歳以上になっても初潮がこない原発性無月経と、今まで一度でも月経があったのに途中でなくなってしまう続発性無月経とがあります。

原発性無月経は、卵巣の発育不全や機能障害が原因で卵巣から女性ホルモンが分泌されない場合や、子宮の奇形や発育不全、子宮内膜の異常、染色体の異常による発育不全などが原因です。

このように、原発性無月経はからだ自体に異常がある場合が多く、治療は困難で、妊娠できないこともあります。

ただし、実際は月経が起こっているのに処女膜閉鎖症や腔閉鎖症などで月経血が外へ排出されない場合は、一時的な無月経なので手術で処女膜や膣を開けぱ大丈夫です。

一方、続発性無月経は、精神的ストレスや激しいスポーツ、過激なダイエットや神経性食欲不振による栄養不足、ピルを長期間飲み続けたためなど、ホルモンバランスが崩れてなることが多いようです。

ひどい場合は、脳の下垂体の腫瘍や炎症、中絶や炎症の後遺症による子宮内膜の癒着、結核による子宮内膜の破壊、肝臓や甲状腺の病気などが考えられますが、いずれもホルモン治療で治ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする