【アミノ酸】とは?働きや効果・効能を簡単説明

アミノ酸の効果・効能

体をつくる【アミノ酸】

アミノ酸は、私たちみんなに必要な栄養素。何故なら私達の体を構成しているほとんどの物質はアミノ酸だからです。アミノ酸が無ければ私達どころか地球上の生物がほとんどいなくなります。

そんな体を作っているアミノ酸ですから、アミノ酸は私達の元気や美容の元となり、幅広く活躍しています。

アミノ酸は体の基本

私たちの体の骨や筋肉、内臓といった重要な組織は、たんぱく質でつくられています。そのたんぱく質を構成しているのが、約20種類のアミノ酸。そのうち、必須アミノ酸と呼ばれる9種類は、体内でつくることができないため、食事などで外から補わなければなりません。

必須アミノ酸は、肉や魚、乳製品など、さまざまな食品に含まれますが、9種類すべてをバランスよく摂取しないと、体に効率よく利用されません。上手にとるための目安となるのが、食品に含まれる必須アミノ酸のバランスを点数化した「アミノ酸スコア」。

アミノ酸スコアは100に近いほど9種類のバランスがよく、良質のたんぱく質を含む食品となります。アミノ酸スコア100の食品には、牛肉や豚肉、卵などがあります。

また、アミノ酸はたんぱく質として体を形成する以外に、血液や細胞にも蓄えられています。これらは遊離アミノ酸と呼ばれ、アミノ酸が不足したときに利用されるほか、疲労回復や集中力アップにはたらきかけるなど、重要な役割を果たしています。

アミノ酸は私たちの体の中で、こんな仕事をしています。

筋肉づくりにアミノ酸

アミノ酸と言えば、筋肉の元ということで知られています。

アミノ酸の中で特に筋肉づくりに役立つのは、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つ。一緒にはたらくことが多いため、3つをあわせて“BCAA(分岐鎖アミノ酸)”と呼んでいます。 BCAAは、筋肉をつくるたんぱく質の主成分となるため、筋力アップに欠かせません。また、アミノ酸の一種オル二チンも、筋肉づくりに関わる成長ホルモンの分泌を促進させるのでおすすめです。

また、 リバウンドを防いで効率よくダイエットするには、筋肉をつけて基礎代謝を上げることが大切なので、ダイエットにもアミノ酸は欠かせないと言えます。

ツヤツヤの肌と髪に!

アミノ酸はコラーゲンやエラスチンといった、ハリのある肌に欠かせない成分の原料にもなるため、乾燥やしわなど肌トラブルが気になる方にもぴったり。保水力を高め、しっとりとした肌をつくります。肌だけでなく、代謝を促進させてキレイな髪をつくるなど、美髪にもはたらきかけます。

ダイエットサポート

アミノ酸は、脂肪を分解する酵素、リパーゼを活性化させ、さらに分解された脂肪が効率よく燃えるよう手助けしてくれます。通常、有酸素運動などで体脂肪が燃え始めるのにかかる時間は、開始から20分程度。運動前にアミノ酸をとると、より効率的に脂肪を燃焼させることができますも運動をする30分前ぐらいや、お休み前にとるのがおすすめです。

うま味の決め手

アミノ酸には、それぞれ甘味や苦味、酸味などがあり、その種類と割合によって食品の味は決まります。中でもおいしさを左右するのが、グルタミン酸やアスパラギン酸などのうま味成分。和食のだしに使われる鰹節や昆布には、グルタミン酸がたっぷり含まれています。味噌などの発酵食品にもアミノ酸は豊富なので、味噌汁なら相乗効果でよりうま味がアップ!

たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸

必須アミノ酸・・・バリン、メチオニン、ロイシン、ビスチジン、イソロイシン、フェニルアラニン、リジン、トリプトファン、スレオニン

非必須アミノ酸・・・アラニン、セリン、グルタミン、アルギニン*、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、グリシン、アスパラギン酸

*乳幼児期には必須アミノ酸

» [アミノ酸]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする