ニンニクのまとめ

にんにくは強い殺菌作用を持ち、血行促進や疲労回復、そして免疫力強化、ガン予防にもなる非常に健康的な食品です。

にんにくの栄養と効果・効能

中央アジアが原産のにんにくは、5000年以上も昔、古代エジプト時代から強壮効果を目的に食べられてきた食材です。独特の刺激臭は硫化アリルのアリシンによるもので、主な薬効もこのアリシンの働きです。

アリシンは強い殺菌力があり、殺菌力は強力で体に侵入したウイルスも殺します。また、ビタミンB1の吸収を高めて、糖質の代謝を盛んにしてエネルギーを産出し、疲労を回復させます。アリシンを熟するとできるアホエンは血液をサラサラにして流れをよくします。

このほかスコルジンという微量要素を含んでいますが、スコルジンは新陳代謝をはかり、血行をよくする働きがあるので、冷え性や心臓病にもよいのです。

そして見逃せないのが、免疫力を高める作用です。にんにくに含まれるセレンには抗酸化作用があり、ガン予防の食べものとして注目されています。

にんにくと似た効果・効能を持つ食材

にんにくと似た効果・効能を持つ食材に生姜(しょうが)があります。にんにくと生姜(しょうが)では栄養成分が全く異なりますが、同じように殺菌力があり、血行を促進するという共通する効果・効能があります。その効果・効能の延長として冷え性改善、免疫力を高めるといったものもにんにくと生姜(しょうが)に共通する効果・効能です。

生姜(しょうが)に関してはこちらのサイトで詳細を知ることができます。

にんにくの選び方と保存

発芽していない、固く太ったにんにくを選びましょう。にんにくを保存する時はネットに入れて風通しのよい場所につるしてください。

にんにくの調理のポイント

にんにくの香りは切ったり、つぶしたりすると出てくるため、香りを強調したいときは細かく切るか、つぶすとよいでしょう。

長時間加熱するとにんにくの薬効成分が分解してしまうため、手早い調理が大切です。

にんにくの効果的な組み合わせ

にんにくでガン予防を期待する場合にはオクラ、ブロッコリー、にんじんなどビタミン類に富んだ緑黄色野菜と一緒に摂って下さい。体力増強には、豚肉、かれい、大豆などビタミンB1が豊富な食品とにんにくを摂ると効果的です。

» [ニンニクの概要]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする