にんにく

にんにくは現代の食生活には欠かせない重要なスパイスの一つです。

にんにくは主に香り付けや味に深みをだすために調理に使われますが、ご存知の通り、健康効果も無視できません。

にんにくは天然の滋養強壮剤と言われ、古くはピラミッドの時代から栄養剤や薬剤として使われてきました。

にんにくの成分は他の食べ物と比べても独特で、更に時間や環境によってすぐ変化してしまう繊細さを持ちます。

また、にんにくと言えばあの「臭い(におい)」も忘れてはいけません。

このような多くの面を持つにんにくを詳しくご紹介します。

NO IMAGE

アリインとは?

アリインとはニンニクの薬効における主要成分です。アリインはニンニクに約0.5%程度しか含まれていないと言われますが、ニンニクの効能や効果を左...

NO IMAGE

アリシンとは?

ニンニク特有の臭いは、無臭のアリインがアリナーゼの作用を受けてアリシンになるためで、アリインのアリル基(S-Allyl-L-Cysteine...

NO IMAGE

ニンニクの保存方法

よく出まわっている代表的なニンニクはホワイト六片種といわれている品種で、球をバラバラにすると六つの片(鱗片)に分かれることからこの名がつけら...

NO IMAGE

ニンニクの基本情報

ニンニク(Allium sativum)はユリ科でネギ属に変わりはないが、現在はヒガンバナ科になっている。これは遺伝的にみた命名であろう。和...

NO IMAGE

ニンニクの歴史

にんにくは古くから、肉体疲労時のスタミナ補給のほか、様々な病気の予防や治療に用いられてきました。 近年は、にんにくの強力な殺菌作用やビタミ...

NO IMAGE

ビタミンB1

ビタミンB1は体内で生産できない補酵素ですが、主に糖質をエネルギーに変換する時や神経細胞に関わる働きがあるとされます。 ビタミンB1が不足...