がん再発につながる細胞を発見

がん再発につながる細胞を発見

ガン細胞の中には癌の成長を促す特殊な細胞があり、これを除去しないとガンの治療は効果が薄いという報告です。ガンはまだまだ知られていないことが沢山あるのですね。

がん細胞の一部にがん全体の成長を促している特殊な細胞があり、これを取り除かないと悪化や再発は防げないとする3種類の研究成果が発表され、新たな治療法の開発につながる可能性があるとして注目を集めています。

この研究成果は、ヨーロッパとアメリカの3つの研究チームが発表したもので、1日、世界的な科学雑誌の「ネイチャー」と「サイエンス」の電子版に相次いで掲載されました。

3つの研究チームはそれぞれ、マウスに腸がんと皮膚がん、それに脳腫瘍の一種を発症させ、がん細胞の成長過程を詳しく分析しました。
その結果、がん細胞の一部に、がん全体の成長を促している特殊な細胞があり、これを取り除かないと悪化や再発は防げないことが分かりました。
細胞の中には、体のいろいろな細胞の元になる「幹細胞」と呼ばれるものがありますが、3つの研究チームは、今回見つかった特殊な細胞をがんの幹細胞だとしています。

がんの幹細胞については、以前から存在が指摘されてきましたが、否定的な研究者も多く、まだ仮説の段階とされています。

こうしたなか、がんの幹細胞の存在を裏付ける3種類の研究成果が世界的な科学雑誌に同時に掲載されるのは異例で、新たな治療法の開発につながる可能性があるとして注目を集めています。

引用:NHK(2012/08/03)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120802/t10014024211000.html

» [癌(がん)]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする