くるみはマウスの実験により癌(がん)の予防と治療に役立つ可能性が確認されている

癌(がん)は完全に遺伝的な病気というわけではなく、十分予防可能な病気であると考えられる。

研究者達は、クルミの中にオメガ脂肪酸(ω3脂肪酸)、トコフェロール、β-シトステロール、およびペズンクラギンなどの成分が含まれることを発見し、さらにそれらが癌を予防する特性を持つことを確認してきました。

餌にクルミを使ったマウスの研究では、対照食(つまりクルミを入れない餌)と比較して次のことが示された。

  1. ヒト乳癌細胞を移植されたヌードマウスはクルミを入れた餌と餌を比べた場合、クルミを入れた餌を食べたマウスの癌の増殖率が約80%減った。
  2. トランスジェニックマウスモデルにおいて、餌にクルミを入れた場合、乳腺腫瘍の数を約60%減少させた。
  3. くるみとその同量のn-3脂肪酸のみを餌に入れて比べた場合、くるみを入れた餌の方が乳腺腫瘍の減少が大きかった。このことは癌を抑制したのはn-3脂肪酸だけでなくクルミに含まれる複数の成分ということを裏付けるものである。
  4. クルミは前立腺癌、結腸癌、腎臓癌の増殖を抗増殖および抗血管新生の機序により減速させた。

細胞研究は、クルミにおける活性成分およびそれらの作用メカニズムを特定する助けとなってきました。

ここではこれらの研究を要約し、クルミが健康な食事の中でがん予防の選択肢として含まれるかもしれないという可能性を提示します。

この文章は以下の文献を引用・翻訳したものです。

Walnuts Have Potential for Cancer Prevention and Treatment in Mice
W. Elaine Hardman

【The Journal of Nutrition】