海藻は薄毛・抜け毛に効果的か?

海藻は薄毛や抜け毛に効果的とよく聞きます。

わかめや昆布、のりなどの海藻には、ミネラルやヨウ素がたくさん含まれています。このヨウ素は、甲状腺ホルモンであるサイロキシンを作る物質なので、海藻を取ることで、甲状腺の機能が活発になるということです。

それにしても、海藻は、タンパク質が、100g中10%~30%の物もあり、タンパク質は意外と多いですが、そんなに沢山は食べられません。

薄毛最近のシャンプーには海藻入りとか、海藻エキス配合といううたい文句が記載されている商品を多く見かけます。海藻が髪の毛に良いというイメージになっているようですが、果たして薄毛抜け毛にも効果があるのでしょうか。

子供の頃、母親からワカメをどんどん食べなきやだめよ。ワカメを食べれば、まっ黒なきれいな髪の毛になるのだからと言われた経験などがあるかもしれません。

海藻には緑の黒髪を連想させるイメージがあるようです。海藻が海の中でユラユラと揺れている様子が、あたかも黒髪を作り上げるような、そんな気にさせるようです。

しかし、海藻は、甲状腺の働きを活発にしてくれるとの事。頭髪は、甲状腺ホルモンと女性ホルモンの支配下にあったのです。

そこで、先ほどから甲状腺、甲状腺と度々出てきていますが、この甲状腺というのは、体の中で行なわれている新陳代謝をスムーズに行なえるように働いているのです。

たとえば、食物を取り入れ、その栄養分を吸収したり蓄えた栄養分をエネルギーに変えて体を動かすことに使ったりしているのです。また、細胞の新旧交換、不必要な物質の体外排泄といった事も行なっているのです。

もし、甲状腺が、十分に活動できないと、皮フ細胞のターンオーバー(表皮細胞)がスムーズに行なわれないため、肌荒れになったり、美肌が損なわれたり、髪の毛においては抜け毛が多くなったりするのです。

このように、海藻はこういった面では薄毛や抜け毛に効果があると言えるかもしれません。海藻には、最近の食生活に不足しがちな、カルシウム、鉄、亜鉛、食物繊維、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB12などのビタミン類が豊富に含まれているのも海藻の特長といえるでしょう。

ぜひ、家庭の食卓に海藻を取り入れてみては。みそ汁には、ワカメを使い、酢の物にもワカメや昆布などを使い、煮物には、ヒジキ、白いお米にパラパラと青のり、その他、カンテンやトコロテンと、こんな具合にすれば、こんなに簡単に海藻が摂れるのです。

やはり、海藻は体に良いみたいです。体に良いものは髪の毛にも良いということになります。むかしも今も海藻は体に良いのです。ということは薄毛や抜け毛にも効果的と言えるということです。

» [薄毛・抜け毛]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする