便秘はからだからのメッセージ

便秘

物事一般すべて「詰まる」のは具合のよくないことです。川の流れが詰まれば洪水になります。水道が詰まってしまうと私たちの生活は成り立たなくなります。高速道路が渋滞すればイライラが募り、思いがけない事故を招くことにもなります。

人間のからだも同じです。便秘だけでなく鼻、喉、涙腺で、「詰まる」という現象がおこれば、人間のからだに何らかの異常がおこっていることを意味しています。また、詰まれば、からだに決していい影響を与えないでしょう。

便秘も同じです。出るべきもの、出さなければならないものが、詰まって出ないということは、そこになんらかの原因があります。腸に重大な病気が潜んでいることも考えられます。また、先にも述べたように、便は食べ物から栄養素を取り去った後の残り樺です。

化学調味料や化学薬品なども今日の食品には多く使われています。これが腸内細菌の影響を受けてどのように変化するのかわかったものではありません。ともかく、食べたら出すということは、きわめて重要なことなのです。

最近では、食生活の欧米化や生活環境の変化などにもより、便秘は増えつつあります。とくに成人女性の二人に一人は便秘の傾向があるといわれています。

ところが、女性に限らず男性もそうですが、便秘がポピュラーなのか、それとも恥ずかしくて他人に言えないのか、進んで医師の診察を受けようとする人はまだまだ少ないのが現状です。あるいは、手術でなければ回復できないほど症状が進んでから来院する場合がほとんどです。

これはすべて「たかが便秘じゃないか」と軽く見ているためであります。しかし、それは、人が生きる上での最高の快楽に背を向けていることでもあります。また、便秘が教えてくれようとしているメッセージを、見逃すことにもなります。

これから便秘を、まじめに考え、快便感のある生活を目指しましょう。なんといったって、神様は便も汗も鼻水も、すべてちゃんと通るように作ってくれているのですから。

» [便秘解消]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする