ニンニクの料理ポイント

ニンニクを使った料理の代表的なものをあげると以下のようなものがあります。

  • かつおのたたき
  • ニンニクの冷奴
  • ニンニク納豆
  • ニンニクサラダ
  • ニンニクの酢漬け
  • ニンニクの味噌漬け
  • ニンニクの醤油漬け
  • ニンニク酒
  • ニンニクの黒砂糖漬け
  • キムチ
  • きゅうりのニンニク漬け
  • レバーのニンニク妙め
  • (ニンニク入焼飯)
  • 肉のニンニク妙め
  • (ニンニク人の唐揚げ)
  • 魚のニンニク妙め
  • ニンニク入カレーライス
  • ホルモンのニンニク味噌焼き
  • マトンとニンニクのバーベキュー
  • ニンニク入どぶ漬け
  • ぎょうざ

最初にあげた「かつおのたたき」は日本の伝統的な料理であるので説明するが、ニンニクを公然と使う日本で初めてのもののようである。

かつおにニンニクやネギを細かく刻んでのせ、その風味をかつおにしみ込ませるが、しみ込ませる際、包丁や手でたたくことからこの名があると伝えられている。

かつおは皮がついたまま金串に刺し、両面に塩を振って皮の方から火にあぶる。かつおの皮にこげ目がついたら裏返しさっとあぶる。

そうすると表面は白くなり、中が赤く生の状態となる(あぶった後、身に火が通りすぎないようにすぐに氷水に浸す方法もある)さめないうちに金串を抜き、厚めに切って皿に盛り、スライスしたニンニクをのせ、かつおと共に食べる。かつおの生臭みもなくなり、ニンニクもおいしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする