にんにくの料理方法

にんにくを料理する際は、油を加熱する前に切ったにんにくを入れて火をつけると、におい成分〝アリシン〟が刺激の弱い成分となり、効率的に摂取することができます。

また、切ったりすりおろしたばかりの生二ン二クは、食べすぎると胃の粘膜が荒れてしまうこともあるので注意が必要。食べる量は、1日1~2片が目安といわれています。

» [ニンニクの概要]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする