クエン酸の概要や効能&効果をサクッと紹介

クエン酸の概要や効能&効果をサクッと紹介

クエン酸とは?

クエン酸の特徴

クエン酸は、柑橘類に含まれる有機酸で、すっぱさの成分。「クエン酸サイクル」というエネルギーをつくり出すしくみの重要な機能を担っています。

でんぷんは体内で消化吸収されてブドウ糖に変わり、複雑な化学変化を経てエネルギーを発生します。クエン酸は、この最終段階でブドウ糖や脂肪酸を無駄なくエネルギー転換させるために必要不可欠な成分なのです。

クエン酸の働き

クエン酸サイクルが正常にはたらけば、エネルギーが順調に生産されます。また、生産過程で生じるピルビン酸は、たまりすぎると疲労の原因になりますが、クエン酸になることで疲労物質は分解されます。

クエン酸の効果・効能が期待できる人

  • 疲れやすい人
  • スポーツをする人
  • 頑張りが効かない人
  • 肝臓の機能をアップさせたい人
  • 肩こりや筋肉痛になりやすい人
  • 神経が疲れている人

クエン酸が不足すると

クエン酸が不足するとエネルギーが不足し疲労物質が増加。クエン酸サイクルが効率よく回らずエネルギー不足になり、疲労物質が増えてしまいます。

クエン酸を上手に摂取するポイント

夏みかんやレモンなどの柑橘類、米酢やりんご酢などの食酢に含まれるクエン酸は、カルシウムなどミネラルの吸収もサポートします。

レモンの輪切りを添えたり、酢の物を積極的に食卓に取り入れるなどの工夫をし、クエン酸をじょうずに摂取しましょう。

クエン酸サイクルとは?

酸性に傾きやすいからだを、弱アルカリに保つ効果があると話題を集めているのがクエン酸。かんきつ類などに多く含まれている有機酸の一種で、レモンや梅干し、黒酢などの酸っぱみ成分として知られています。

クエン酸は、細胞内のクエン酸サイクルと呼ばれる機能を効率よく働かせ、新陳代謝を活発にし、疲労やストレスなどで生じる疲労物質、乳酸を減少させます。

クエン酸サイクルとは、微生物や動植物の呼吸においてもっとも主要な代謝経路。人間の場合は、たんばく質、炭水化物、脂質が燃えてカロリーになるわけですが、このクエン酸サイクルが活発なほど脂肪や乳酸が分解され、エネルギーに変換されるのです。

これが、クエン酸が疲労回復にいい理由。疲労は、不眠や食欲不振、肝臓疲労や糖尿などの症状を起こす原因になります。

クエン酸を1日わずか1~2グラム摂取するだけでOK。

ただし、水に溶けやすく、熱に弱いので調理は禁物。生でとるのがもっともよいので、グレープフルーツやオレンジなどのフルーツジュースを飲んだり、おかずにレモンをかけたり、酢のものとしてとるのがおすすめ。

クエン酸の効果・効能の仕組み

クエン酸は、酢や柑橘類に含まれる酸味の成分。レモン1個には、約4g含まれている。

クエン酸の働きのひとつに「クエン酸回路」がある。これは、エネルギー生成の過程に必要な経路で、最初にできるのがクエン酸である。

まず体内に摂取された糖質や脂質は、ブドウ糖やアミノ酸、グリセリン、脂肪酸などに分解され、さらにブドウ糖はピルビン酸(または乳酸)に分解されていく。これを解糖作用という。

しかし解糖作用の最終段階でできたピルビン酸が分解されてクエン酸回路へ取り込まれると、クエン酸、アコニット酸、イソクエン酸などさまざまな酸に変化し続けてエネルギーを生成し、最終的には炭酸ガスと水になって身体の外へ排出される。

解糖作用でできる乳酸などの酸化物をうまく燃焼させるのがクエン酸なのだ。クエン酸を補給し、クエン酸回路が正常に動いていれば、疲労物質が体内にたまりにくくなるので疲労回復も早く、さらに肩こりや腰痛の予防にも効果がある。

さらにもうひとつの大きな働きがキレート作用だ。クエン酸は、体内に入ったカルシウムやマグネシウムなどの金属ミネラルを挟み込み、吸収しやすくする働きがある。

ミネラルは一般に吸収されにくい成分だが、キレート化合物になることで吸収されやすくなるものもある。例えばヘム鉄は鉄のキレート化合物だ。

ちなみにキレートは、ギリシャ語でカニのはさみを意味する「ケーレー」が語源。ミネラルを挟み込んで吸収しやすくすることから付けられた。

またクエン酸には、血流改善作用、免疫力強化などの効果もある。

クエン酸の摂取方法

クエン酸は柑橘類に多く含まれているが、梅干し、梅肉エキス、レモン、もろみ酢に多い。梅干し1個に約0.35g、レモン1個に約4gのクエン酸が含まれている。

1日の摂取量の目安は約2gといわれる。疲労回復に効くクエン酸だが、エネルギー代謝に必要などタミンB群も一緒に摂ると、さらに効果がアップする。

» [クエン酸]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする