黒にんにくの食べ方

黒にんにくの食べ方は至って簡単です。多くの場合は皮を剥いてそのまま食べます。

にんにく特有のニオイや刺激が無いばかりか、甘く干しブドウやプルーンといった食感なのでとても美味しく食べられます。

食事のつけ合わせでそのまま食べてもいいですし、おやつやお酒の肴にもなります。

美味しいので何個でも食べられてしまいますが、やはりニンニクですので多くは食べてはいけません。黒にんにくの大きさや種類にもよりますが、1日1片~3片ぐらいにした方がよさそうです。

黒にんにくの料理方法

黒にんにくはクセが無いので料理の材料としても利用できます。

基本的にはどんな料理にも合います。

黒にんにくをみじん切りにすれば、炒めものから煮物に使えます。一番手軽なのが、黒にんにくをスライスしてトーストやサラダ、パスタの具材にすることです。

その他、にんにく同様、黒にんにくをオリーブオイルや醤油に漬けて調味料にすることも可能です。

子供に食べさせたい場合は、黒にんにくを刻んでカレーや餃子に入れるのが定番のようです。にんにく特有のニオイや刺激がなく、カレーや餃子にもコクがでて子供に気付かれず美味しく食べてくれるようです。

» [黒にんにく]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする