にんにく卵黄の特長は健康効果だけではない!?

にんにく卵黄の特長と言えば、滋養強壮や疲労回復効果などを思い浮かべる方が多いと思います。

もちろん、にんにく卵黄の最大の特長はにんにくと卵黄の豊富な栄養素から得られる健康効果にあります。

しかし、にんにく卵黄の優れた点はそれだけではありません。にんにく卵黄の特長は健康効果以外にも以下の3つがあります。

  1. にんにくの臭いを消す
  2. にんにくを手軽に食べれるようにする
  3. 携帯性を高くする

詳しくご説明します。

1.にんにくの臭いを消す

にんにくの最大の欠点はあの臭いです。にんにくの臭いが嫌でにんにくを食べないという人も多いと思います。

ところが、にんにく卵黄の場合はそれ程強烈な臭いがありません。

これはにんにく卵黄が作られる過程で加熱されたり、アリシンと卵黄のたんぱく質が結合することでにんにくの臭い物質の発生が抑制されるためです。

にんにく臭は強烈なので全く臭いが無くなるわけではありませんが、かなり臭いは抑制されます。

2.にんにくを手軽に食べれるようにする

皆さんはにんにくをどのように食べているでしょうか?

殆どの場合は料理における香味付けや薬味などの付け合せ的な食べ方ではないでしょうか。

にんにくは健康に良いと分かっていてもにんにくをメインとした料理はあまり無く、当然生でそのままは食べられませんからなかなか量を食べるのが難しい食材です。

有名なところではにんにくのホイル焼きがありますが、それなりの準備が必要で気軽に料理できるものではありません。

その点、にんにく卵黄は一度作ってしまえば毎日でも手軽に食べることが可能になります。しかもそれなりの量も食べることができます。

これはにんにく卵黄以外ではなかなか難しい大きな特長なのです。

3.携帯性を高くする

サプリメントが登場した現在ではあまり意味がありませんが、にんにく卵黄の特長の一つは持ち運びに便利でどこでも食べられるということがあります。

にんにく卵黄の形状には古くから粉末と団子状のものがあります。粉末のものはご飯にかけたり、様々な料理に入れて食べますが、団子状のものはそのまま手軽に食べれるように作られています。

今のようにサプリメントもなければドラッグストアの無い時代に滋養強壮剤とも言えるにんにく卵黄を携帯できるということは非常に大きな特長だったのです。

以上の3点がにんにく卵黄の特長と言えるのですが、これらは全て「にんにくを食べやすくする」という共通点があります。

これはあくまで推測ですが、にんにく卵黄を考え出した人の目的は「にんにくと卵黄を一緒に食べたい」ことでは無く、「にんにくを如何に食べやすくするか」ということだったのではないかと思います。

いずれにせよ、にんにくと卵黄という栄養価の高い食材を一度に手軽にどこででも食べられるということは健康面からみても非常に有益と思えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする