【グルテンペプチド】効能・効果や調理法、注意点などを簡単紹介

グルテンペプチドの効能や効果

グルテンペプチドとは?

グルテンペプチドは小麦粉のグルテンが分解してできる成分です。単一ではなく、十数種のペプチドの複合体です。その中に鎮痛作用をもつオピオイドペプチドも含まれています。

グルテンとは?

グルテンは穀物に含まれる粘着性のあるタンパク質です。グルテンペプチドはグルテンを加水分解させて作ります。

この物質には麻薬のモルヒネに似た鎮痛作用があり鎮静、呼吸抑制、体温低下、血圧低下などのほか、胃液分泌抑制、食欲増進などの作用があります。しかし、食品として摂取した場合の具体的な効果は今後の検証を得たねばなりません。

ペプチドとは?

2個またはそれ以上のアミノ酸が脱水して結合した化合物を総称していいます。アミノ酸の数が多くなるとタンパク質に性質が類似してきます。

ペプチドの中には種々の生理活性化をもつものもあり、たとえば血圧上昇、血圧降下、血管の透過性元進、ホルモン作用、鎮痛などの作用が発現します。アミノ酸が10個以上結合したのをポリペプチドといい、10個以下をオリゴペプチドといいます。

グルテンペプチドに期待できる主な効能・効果

グルテンペプチドに期待できる代表的な効能・効果は次の2つです。

  1. 口的に投与されたグルテンペプチドは食後にみられる血中インシュリンの上昇を増強する。
  2. 鎮痛作用を示す。

エクソルフィンとも呼ばれるグルテンペプチド。痛みをやわらげる、血圧を低下させる、胃液の分泌を抑制する、胃の揺動運動を抑制するなど、人体に有効な数々のはたらきがあります。

食事の摂取量を増加させる作用もあるので、太りたい人の症状改善にも利用されているほか、食品由来の生理活性物質であることから、安全な医薬品としての利用も研究されています。

グルテンペプチドが効果的と考えられる人

  • 血圧の高い人
  • 血糖値の高い人
  • やせすぎが気になる人
  • 食が細い人
  • 胃や十二指腸に潰瘍性の症状のある人
  • 痛みをともなう症状に悩む人

ググルテンペプチドの調理法と食べ方のコツ

小麦粉を使ったバン、麺類、転に多く含まれるグルテンペプチド。特有の粘り気による喉越しや歯ごたえを楽しみながら、毎日の食生活にとりいれることができます。

ゆでうどんならカロリーも低く、他の料理とも合わせやすいのでおすすめです。

グルテンペプチドの注意点

グルテンペプチドが不足すると潰瘍など、痛みをともなう症状が改善されない場合や、血圧や血糖値が安定しないなどの可能性もあります。

グルテンアレルギーがある人はグルテンペプチドの使用を避ける必要があります。

» [グルテン]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする