【ナスニン】効果や効能、副作用などサクッと説明

ナスニンの効果や効能・注意点

ナスニンとは?

ナスニンはポリフェノールであるアントシアニンの一種で、活性酸素の攻撃や、過酸化脂質の生成を抑えてガンや老化を防ぐといわれている期待の成分です。

ナスニンは茄子の皮に含まれている成分で、鮮やかな色は、ナスニンの色素によるものです。

茄子はほとんどが水分で、とり立てて栄養はないのですが、最近、有効成分のナスニンが見つかりました。

ただし、茄子の皮に含まれているのでそれほど沢山食べられるものではありません。

ナスニンはコレステロール値を下げて動脈硬化を防ぎ、抗ガン作用があるといわれています。また、目の疲れにもよいといわれています。

ナスニン に期待できる効果や効能

ナスニンは抗酸化作用を持つ成分です。そして、それはそれがフリーラジカルから身を守ることを意味します。

細胞とDNAを破壊するとされるフリーラジカルから保護するナスニンの働きはアンチエイジング効果と脳機能の活性化を促進するとも言えます。

このナスニンの効果はナスニンが特定の鉄の合成物と結合してフリーラジカルを形成するのを防ぐことによって実現されます。これをキレート作用と言います。

キレート作用は、体から金属または毒素を除去するプロセスです。 ナスニンは鉄のキレート化剤の働きをする結果、抗酸化作用があるのです。

ナスニンによる鉄のキレート作用は抗酸化という面では良いですが、鉄の吸収を妨げるという面では健康にとってマイナスです。それはどれくらいの鉄が必要かによって判断が分かれます。

このナスニンのキレート作用はナスニンの副作用として解釈されることができます。もし貧血の問題を抱えているならば、(特に月経の間の女性は)ナスニンに注意しなければなりません。

鉄分を過剰に摂っている人にとってはナスニンのキレート作用はその量を減らす自然の方法として有効です。

ナスニンはガン予防効果も期待されています。ガン細胞は、制しきれなくなった体の自身の細胞です。ガン細胞は成長して、異常な方向で増えます。 腫瘍が成長するために、彼らも体によって食事しなければなりません。 これは、新しい血管の成長によってされます。 新しい血管の成長が抑えられることができるならば、ガン細胞は飢えて、死にます。

ナスニンはこれらの血管の成長を防止するのを助けます、つまりナスニンは抗血管新生作用があります。

ナスニンは血管におけるコレステロールの過酸化を防ぎます。これはプラークが血管内で蓄積するのを防ぐ効果です。そして、心臓と心血管系を健康にします。ナスニンは血管を弛緩させることもできて、血流を増やすこともできます。

ナスニンの注意点、副作用

生理中や妊婦の女性は注意

ナスニンによる鉄のキレート作用は抗酸化という面では良いですが、鉄の吸収を妨げるという面では健康にとってマイナスです。それはどれくらいの鉄が必要かによって判断が分かれます。

このナスニンのキレート作用はナスニンの副作用として解釈されることができます。もし貧血の問題を抱えているならば、(特に月経の間の女性は)ナスニンに注意しなければなりません。

ナスニンの持つ抗血管新生作用は外傷から回復している人や妊婦に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉がありますが、これらの注意点を考えるとちゃんと科学的な根拠もあることが分かります。

» [ナスニン]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする