アルツハイマー病に効果が期待できる栄養成分

アルツハイマーに効果的な栄養成分

アルツハイマー型認知症が米国では死因の上位に

高齢化社会を迎えたわが国において認知症は深刻な問題です。老人性認知症は脳梗塞などの後遺症として起こる「脳血管障害塑認知症」と「アルツハイマー型認知症」「両者の混合型」に分かれます。わが国ではその割合は5対3対2といわれますが、近年は欧米のようにアルツハイマー型認知症が増加しています。

アルツハイマー型認知症は、脳の萎縮、老人斑(タンパク質のシミが神経細胞外に沈着する)、神経原線維変化(タンパク質が糸くず状にからんだものが神経細胞内にたまる)を三大徴候とする認知症です。

記憶だけでなく、思考、判断、感情などにも障害が及び、患者は大脳の機能廃絶の結果、2~15年で死亡します。

米国ではアルツハイマー型認知症が死因の上位を占めているといわれ、わが国でも今後は死亡率が高まることが予想されます。

そこで今回はアルツハイマー型認知症に関係する成分をご紹介します。

ビタミンE

ビタミンEが脳を酸化ストレスから守る

脳は水分を除けば、重量の半分が脂肪からなり、多価不飽和脂肪酸をたっぷり含むので、酸化ストレスに非常に弱い組織です。

アルツハイマー型認知症にみられる老人斑は、アミロイド・βペプチドというタンパク質からなり、アルミニウムも含まれることがわかっています。このアミロイドもアルミニウムも活性酸素の発生源となります。

アルツハイマー型認知症では、酸化に弱い脳で活性酸素が多量に発生しつづけた結果、脂質過酸化の進んだ神経細胞が次々に死んで脱落し、脳の萎縮を招くと考えられています。

アルツハイマー型認知症の患者の脳を調べると、多価不飽和脂肪酸の酸化による過酸化脂質が著しくふえて、脳内で抗酸化に働くビタミンEの濃度が低下しています。

そこで、まだ入院による介護を受けていない中程度のアルツハイマー型認知症の患者85人に1日2000Ⅳ(1333mg) のビタミンEを2年間投与した米国の研究によると、患者の死亡、入院、病状悪化はビタミンEの大量摂取で明らかに抑えられ、痴呆の進行がおそくなることがわかりま

した。

すでにアルツハイマー型認知症を発症している患者さんでも、Eの大量摂取によって日常生活を長く維持することができたのです。

ビタミンB1

アルツハイマー型認知症の患者は血中ビタミンB1濃度が低い

アルツハイマー型認知症の治療にはビタミンB1の大量投与も試みられています。

脳の神経細胞から神経細胞へ情報の受け渡しを行う物質を神経伝達物質といいますが、アルツハイマー型認知症では、ことにアセチルコリンを神経伝達物質とする大脳皮質などの神経細胞が死んで脱落します。

ビタミンB1は、このコリン作動性神経細胞の末端に高濃度で含まれています。その作用の一つは、コリンエステラーゼ (アセチルコリン分解酵素) の働きを阻害するなどして、アセチルコリンの作用を高めることにあると推定されています。

アルツハイマー型認知症の患者の脳ではまた、大脳皮質の広い範囲でビタミンB1に依存する酵素の活性が著しく低下していることもわかっています。

中程度のアルツハイマー型認知症の患者にビタミンBl誘導体のフルスルチアミン(TTFD)を1日100mg投与したわが国の研究によると、12週間で症状の改善がみられました。

重症のアルツハイマー型認知症の患者では、同じ年齢層の健康な人にくらべて血中ビタミンB1濃度が明らかに低いといわれ、血中ビタミンB1濃度がアルツハイマー型認知症発症の指標になりうるのではないかという意見もあります。

最近、物忘れがはげしくなったと先々が不安なかたは、ビタミンEを1日100~300mgに加え、ビタミンB1を所要量の10倍の1日10mg程度、摂取してみるといいかもしれません。

エストロゲン

女性のアルツハイマー に有効?

エストロゲンは食物から摂れる栄養成分ではなく、体内で作られる体内物質です。

最近、エストロゲンには女性のアルツハイマー型老年痴呆の発症を抑制する可能性があると考えられています。

アルツハイマー型老年痴呆は、女性のほうが男性に比べ1.5~3倍多く、閉経後に多発することがよく知られています。

エストロゲンには脳血流増加作用のほか、神経細胞の成長や分化の促進作用、損傷した神経細胞損傷を修復する作用、神経細胞における糖の輸送や利用を高めるなどの神経細胞に対する直接作用があり、エストロゲンのもつこれらの作用が認知機能の改善、痴呆の発症を抑制する機序として想定されています。

HRTを受けている女性に実際にアルツハイマー型老年痴呆の頻度が少ないことが最近相次いで報告されています。TANGらは、ニューヨーク市において実施されている加齢に関する長期縦断研究に参加した痴呆やパーキンソン病のない1124名の高齢女性においてアルツハイマー型老年痴呆の発症とHRTとの関係を分析しています。

968名の非HRT群では発症率16.3%であったのに対し、156名のHRT群では5.8%であり、教育レベル、人種、アポ蛋白E遺伝子型で補正しても、HRTはアルツハイマー型老年痴呆の発症のリスクを40%にまで抑制すること、この痴呆発症抑制効果はHRTを受けている期間が長いほど顕著であると述べています。少数例ではありますが、わが国においても同様な報告がなされています。しかしながら、HRTのアルツハイマー型老年痴呆の発症抑制効果については反論も多く、結論を得るには更なる大規模な前向き臨床試験が必要です。

» [アルツハイマー]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする