にんにくの副作用・注意点

にんにくは薬効が強い分、副作用や食べ方に注意が必要です。

にんにくは基本的に生であれば1日1片まで、加熱したものであれば1日2~3片までにしましょう。子供には刺激が強いので大人の半分程度がにんにくの許容量です。

通常の場合、にんにくの副作用はあまり気にする必要はありませんが、にんにくを食べ過ぎたり、生にんにくを長期間に渡って継続して食べ過ぎたりすると副作用が起きる可能性があります。

にんにくの副作用には胃腸不良があります。にんにくの刺激が胃の粘膜を荒らし、胃痛、便秘、下痢などになります。また、血液凝集抑制作用があるので血圧が下がったり、貧血が起きることもあります。

出血しやすくなる傾向もあるので、手術前や出産前はにんにくの摂取は避けた方が良いです。

» [ニンニクの概要]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする