スクワランの効果

深海ザメエキスの主成分がスクワランという物質で、主にアイザメの肝から採取した肝油に含まれている。

アイザメの肝油中に含まれるスクワランの量は約70~85%と、ほかの深海ザメと比べても群を抜く量である。そのスクワランのパワーは、水深1000mを超える光もとどかないほど深海の高水圧、低酸素の過酷な環境でも生息できる、サメの巨大な肝臓に秘密があると考えられている。アイザメの肝臓の重さは体重の4分の1を占め、さらにその4分の1が肝油である。

スクワランは日本で近年(大正時代)になって深海ザメの体内より発見された。当初より、皮膚への湿潤性や浸透性が高く、無色・無臭でのびもよいため、化粧品など主に外用に利用されてきた。

その後、体内での効用が認められるようになり、現在は食品化されサプリメントとして利用できるようになったのだ。

スクワランは酸素を補給すると考えられており、そのため各臓器の機能を高めて健康維持や増進につながると推測されている。肝細胞に酸素を供給して活発化させることで、特に肝機能障害を改善すると期待されている。

また、皮膚細胞への湿潤性や浸透性の特質は、外用として肌をうるおすばかりでなく、内服すれば潰瘍や炎症を起こしている胃の粘膜などにも働き、改善させると考えられている。これは火傷や裂傷の治癒、痛みの緩和にも通じる効用である。

スクワランの摂取方法について

サプリメントとしてのスクワランは、天然の肝油を採取した後、それに減圧蒸留処理を行い精製し、主に錠剤やカプセル状にしたものが一般的。また、外用としても各種栄養・薬用クリームや口紅、ファンデーション、医薬軟膏や座薬に利用されている。

食品から摂取可能なスクワラン

スクワランは深海ザメの肝油にあるだけではなく、人体の中でも作られており、皮脂に存在している。また、綿実油やオリーブオイルなどにも含まれているので、食品からも摂取可能な成分だ。

これらはコレステロールに働きかけ、新陳代謝を高める作用があるといわれている。ただし、こうした食品のスクワラン含有量は、アイザメの肝油には遠く及ばない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする