【スクワレン】保湿成分の他、健康食品としても利用される深海サメエキス

スクワレンは、深海に生息するサメの肝臓に含まれる肝油の90%を占める油性物質。高水圧、低酸素、厳寒の劣悪環境で生きるサメの活力源と考えられています。深海サメのうちでも、特にアイサメの肝油が良賃とされています。

かつては化粧品の保湿成分として主に利用されていましたが、現在では健康食品として注目されるようになっています。「深海サメエキス」 の名でも市販されています。

スクワレンは、入間の皮脂中やオリーブ油などにも存在する油脂で、新陳代謝を促す働きが知られています。また、酸素と結びつきやすい高純度の不飽和炭化水素であることから、体内で酸素をとり込み、各細胞へ酸素を積極的に僕給する働きをするのではないかとも考えられています。さらに、スクワレンの大きな特徴として、表皮細胞への浸潤性、浸透性に優れていることもあげられます。

これらのことから、各臓器の機能を活性化する効果が期待され、特に肝臓病に対して有効であるとされています。腎や腸壁の潰瘍、炎症の改善、美肌保持に役立つことも報告されています。まだ科学的に承認されているわけではありませんが、抗がん作用があるとして注目されています。

健康食品として製品化されているのは、深海ザメから採取した天然の肝油を減圧蒸留によって精製したものです。

スクワレンは不安定で酸化しやすいため、ほとんどはカプセルあるいは錠剤の形で市販されています。健康食品のほか、スクワレンは、栄養クリーム、口紅、ファンデーションなどの化粧品にも、保湿成分として配合されています。

化粧品に使われているのは、スクワレンに水素を添加して安定させたもので、スクワランと称されます。軟膏、座薬などの医薬品にも使われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする