にんにくの効果・効能まとめ

にんにくは古くから肉体疲労時のスタミナ補給の他、様々な病気の予防や治療に用いられてきました。近年は、強力な殺菌作用やビタミンB1の吸収率アップ、血液サラサラなど幅広い機能が明らかになっています。

現在、二ン二クの研究は広く行われ、先に紹介した疲労回復や滋養強壮だけではなく、抗菌・抗ウイルス作用、抗酸化作用のほか、コレステロール低下作用・血管拡張作用・血栓を予防する作用と、これらによる動脈硬化予防、さらに、冷え対策なども報告されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする