【尿もれ・尿失禁】のことが気になったら、とりあえず知っておくべきこと

尿もれ・尿失禁

くしゃみをした瞬間や重いものを持ち上げたとき、突然尿がもれてしまった。そんな経験はありませんか?

尿漏れ・尿失禁は、ある調査では8割が体験している生理現象です。がまんすべきことでも、恥ずかしいことでもありません。きちんと知識を持って、対策をしましょう。

尿もれ ・尿失禁とは

排尿システムのどこかにトラブルが発生して、正しくコントロールできなくなってしまう状態を尿漏れもしくは尿失禁といいます。その原因は、骨盤底筋群のゆるみやストレスなどで、尿漏れは女性にはつきもの、といっていいほど身近な存在です。

尿漏れ・尿失禁の悩みを抱えている方は決して尿漏れ・尿失禁は恥ずかしいことではなく、皆が経験する普通のことだと認識しましょう。そして気持ちを切り替えて尿漏れ・尿失禁を通常の生活にどう支障を及ぼさないようにするか前向きに考えましょう。

尿もれ・尿失禁にも種類があるの?

尿漏れや尿失禁には、くしゃみやせき、運動などをしたときに尿がもれてしまう「腹圧性尿失禁」と、トイレに行きたいと感じたらほとんどがまんができず、実際に間に合わないことがある「切迫性尿失禁」の2種類があります。

尿もれ・尿失禁のタイプによって原因や対策が異なる場合があるので、自分がどのタイプか理解して医師や薬局に相談すると的確なアドバイスがもらえる可能性があります。

尿もれ ・尿失禁は、よくあるコトってホント?

「尿漏れ・尿失禁は女性にはよくあること」と聞きますが本当なのでしょうか?

あるアンケートを見てみると、女性読者の8割が尿漏れ・尿失禁を経験していることがわかります。また、驚くことに初めて尿もれをした時期を「30代」と答えた方が47%、次いで「20代」が28%と多く、幅広い年代の女性が抱える問題ということがうかがえます。

尿もれ・尿失禁を改善するには

軽度の尿もれや尿失禁は日頃の運動や生活習慣で改善することができます。

ストレッチで骨盤底筋群をアップさせ、規則正しい生活をすることで、症状はかなり改善されます。

とはいえ、日常生活の中で突然尿がもれてしまうのはやっかいなもの。特に、尿の二オイを周囲に気づかれはしないか、ヒヤヒヤしますよね。

なかなか症状が改善しない場合は

まずは病院で相談するのが一番です。ただ、それは面倒だし、ちょっと恥ずかしいという場合は、とりあえずは市販の専用品を試すのも一つの手です。

これまで尿漏れ専用品は「パウダー系の香りで尿のにおいを防ぐ」タイプのものがほとんどで、そのようなイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、最近の専用品は驚くほど進化しており、吸水力が従来品とは段違い。香りでごまかさなくとも安心して使える設計になっています。

これらと尿のトラブルに効果のある内服液やストレッチを組み合わせればかなり症状が軽減される場合があります。

アクティブな生活をあきらめる前に、ぜひ市販の専用品を試してみましょう。それでも改善しない場合はやはり病院で相談しましょう。

生理用品と尿もれ専用品、どう違うの?

尿もれで何が一番困るかと言うと、尿もれ経験者の方がよくおっしゃるのは「いつ起きるのかわからないから怖い」ということです。

みなさん日常生活のあらゆるシーンで尿漏れを経験されているようです。だからこそ、二オイや下着・衣服へのシミを防ぎ、誰にも気づかれることなくスマートに処理したいものですよね。

そこで役立つのが尿漏れ専用品ですが、同じような仕組みと思える生理用品と尿もれ専用品はどこが違うのでしょうか?

経血と成分が違う尿は、生理用ナプキンでは瞬間的に吸収できず逆戻りするケースもありますが、尿もれ専用品の場合は吸収が早く、いつもサラサラのつけ心地です。

また、ライナータイプのものはおりものシートとしても使えますので、40代に多い「ちょっとモレ」タイプの方には特におすすめです。

» [尿もれ・尿失禁]に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする