ビタミンB1

ビタミンB1は体内で生産できない補酵素ですが、主に糖質をエネルギーに変換する時や神経細胞に関わる働きがあるとされます。

ビタミンB1が不足すると糖質を代謝できず、エネルギーを生産できません。これがいわゆる疲労という形に現れます。ニンニクが疲労回復や滋養強壮の効能があると言われるのはこのビタミンB1が多く関係しています。

ニンニクにもビタミンB1は含まれていますが、それほど量は多くありません。しかし、ニンニクに含まれるアリシンはこのビタミンB1と結合するとアリチアミンというビタミンB1を強力にした成分に変化するのです。

ビタミンB1は水溶性で熱に弱いため、調理過程でかなり消失してしまいます。また、ビタミンB1は腸内で吸収されにくく体内に取り込んでも必要以上のビタミンB1は排出されてしまうため貯蔵ができません。つまり常時ビタミンB1を摂取する必要があるのです。

しかも、現在の食生活は糖質が高い食品が多く、それらを代謝するためにビタミンB1がどんどん消費される傾向があります。そのため、ビタミンB1は常に不足状態になっていると言われます。疲れやすい人が多いのはそのせいかもしれません。

しかし、ニンニクに含まれるアリシンとビタミンB1が結合したアリチアミンは脂溶性であり、熱にも強いため調理過程で損失が少なくて済みます。また、脂溶性であるため腸内での吸収が良く、さらに、必要以上のビタミンB1もアリチアミンの状態だと排出されず、血液中に貯蔵ができます。

つまり、アリチアミンはビタミンB1の吸収効率を高め、しかも長期間保存できるようになる効能があるのです。

ニンニクの効能である疲労回復効果や滋養強壮効果の仕組みはアリチアミンにあるのです。ですので、疲労回復の効能を目的とする場合はビタミンB1を多く含む豚肉などと一緒に食べるとより効果的になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする